日本の病院は常にベッドが満床だが、欧米はそうではない

日本の病院と欧米の病院とでは医療制度が根本的に全く違う

日本の病院と欧米の病院を比較すると、医療に対する根本的な違いがわかります。その例として、ベッド利用率に雲泥の違いがあるのです。日本の病院はいつもベッドは満床で、入院待ちの患者が常に待機している状態です。つまり常にベッドを満床にしなければ経営が成り立たないのです。欧米ではこのような現象は見られません。入院が必要な患者は、すぐに入院できるのです。日本では空きベッドの融通がきかず、救急車がきても満床を理由に他の病院へたらい回しになるのです。

医療において救急医療は最も重要な役割をになっています。しかし救急医療は、やれば必ず赤字になる不採算部門なので、病院は必要を実感しても、救急医療ができないシステムになっているのです。救急医療を行うためには、24時間の医療体制が必要ですが、24時間人員を配置するには莫大な費用が必要になるのです。病院にはこのような財源がないので、救急部門に耐えられるマンパワーの確保も困難になります。

このような状態ですから、救急医療を標榜している病院でさえ、大学からの研修医をアルバイトで雇い、お茶をにごしている状態なのです。医療財源を医療の価値の高い部門へ配分しない行政の不備といえます。医療費抑制が叫ばれるカラクリ。このように日本の医療費は世界的には低い水準であるのに、なぜ医療費抑制が宣伝され政策として実行されているのでしょうか。この疑問を分析することが、厚生行政の意図を知る上で重要になります。まず日本の医療費を考える場合、自分達の税金のどの程度が医療費として使われているかを知る必要があります。
弁護士法人ベリー・ベスト法律事務所では、B型肝炎訴訟の給付金請求について、多くの実績があります。身近な人がB型肝炎にお困りならこちらの法律事務所がおすすめです。
わたしの家の近所には国分寺 整骨院があります。更にそこから歩いて数分で国分寺駅に行けるため、出掛ける前に少しマッサージして貰ったりといったこともできていいですよ。
吉祥寺駅公園口から歩いて7分のところにあるおせわ吉祥寺の疲れに効く整体女性院に行こうと思っています。女性限定の整体院なので、他の人の目を気にすることなく受けられます。
デスクワークによる肩と首の痛みがガマンできないくらい出てきてしまったので、札幌市東区にある札幌の有能な整体院に行ってみることにします。夜9時までやっています。


新着情報
2014/08/14 おすすめ記事を更新しました。
2014/08/10 新着記事を更新しました。
2014/08/09 国民の医療よりを更新しました。
2014/08/06 行政をリードを更新しました。
2014/08/04 サラリーローンを更新しました。
2014/08/02 重要なポイントを更新しました。
2014/08/01 日本の病院と欧米の病院とでは医療制度が根本的に全く違うを更新しました。
2014/07/29 ホームページをリニューアルしました。

オススメ紹介
看護roo!(カンゴルー)転職サポート看護師の求人・転職・募集情報なら【看護師プロ】ナースの天職
首都圏、関西、東海の厳選された病院のみの看護師求人サイトです。看護師求人情報の提供や、専属カウンセラーによる転職サポートなどを受けられるサイトです。全国の看護師求人情報を細かな条件で検索できます。PCだけでなく携帯やスマートフォンからも利用できます。